ホワイトデーのお返しあげるものの意味を一覧にして紹介! | NETALSTATION

NETALSTATION

ホワイトデーのお返しあげるものの意味を一覧にして紹介!

   

スポンサードリンク

バレンタインでたくさんチョコレートをもらった人は、3月14日のホワイトデーが悩みの種になっているのではないでしょうか?

今回は定番のホワイトデーのお返しにあげるものの意味を調査してみました!避けるべきものも紹介するので、今回の記事を参考にしてホワイトデーのプレゼント決めてみてくださいね。

 

そもそもホワイトデーは日本で誕生した文化だそうです。日本には昔からお返しをする文化がありますよね。

諸説ありますがバレンタインでチョコレートを渡す文化が広まった後に、そのお返しがないのはおかしいと始まったと言われています。

ホワイトデーのお返しのあげるものの意味を一覧にして紹介!

ホワイトデーに渡すものとしてはキャンディーやクッキーなどがあります。それぞれあげるものには、どんな意味があるとおもいますか?

その意味を知っていれば、お返しを選ぶのも簡単ですよ。

 

① マシュマロ・・・あなたが嫌いです

筆者はマシュマロが大好きなので、この意味にビックリしました。こういう意味がある理由は、マシュマロはすぐに口の中でなくなってしまうから…だそう。

すぐに無くなるので興味がない、かかわりたくない、という意味があるそうです。

 

しかし、昔はマシュマロの中にチョコレートが入っているものが主流だったのであなたの気持ちを柔らかく包んで返す、つまり「あなたの気持ちを受け止める」という今とは全く逆の意味で使われていたとも言われています。

色々なお菓子が出てくる中で、意味が変わってきてしまったのかもしれませんね。

今は嫌いという意味のお菓子だそうですので気をつけましょう。

 

② クッキー・・・あなたは友達です

筆者の記憶では、クッキーが嫌いだという意味だったように思うのですが、友達という意味なんですね。

どうして意味を勘違いしていたかといえばクッキーが「割れる」からです。

しかし割れるのは恋心を割る、つまり友達のままでいましょう、という意味なのだそうです。

サクサクとしているので、さっくりとした関係=友達という意味でもあるんですね。値段もお手頃なので、義理チョコへのお返しにはピッタリです。

 

③キャンディー・・・あなたが好きです

筆者は、キャンディーでお返しをいただくと少し困ります。そんなに何個も食べられるものではないからです。賞味期限内にいただけるかしら、と悩んでしまいます。

でも、そこが「好き」の意味につながるところなのです。

長く楽しめて、色々な味が味わえるところが好きの意味の由来だそうです。

 

また、味にも意味があるのだそうです。その一部をご紹介します。

イチゴ …あなたと素敵な恋がしたい
ブドウ …酔いしれる恋をしています
オレンジ…幸せな花嫁にします
リンゴ …あなたは運命のパートナー
レモン …あなたに贈る真実の愛

どれもロマンチックですね!

 

こんな意味があるのなら贈られてみたいです。

でも、既婚者がキャンディーを贈ってしまうと大変なことになってしまいます。贈る相手に注意してくださいね。

スポンサードリンク

③ マカロン・・・あなたは特別な人

深い意味は無いようですが、高級だから特別なのだそうです。

マカロンはキャンディーよりは日本に入ってきてからの歴史が新しいお菓子です。その特別感があるのでしょうね。

多くの女性に人気のあるお菓子です。

また「特別な人」が恋愛対象とはなっていないので、仕事関係で特別な人へのお返しにもおすすめです。

 

④ キャラメル・・・あなたは一緒にいると安心する人

ほろ苦いキャラメルは、昔からあるお菓子でほっとする味わいですよね。それが安心する人の由来なのでしょう。

昔からあるキャラメルもありますが、生キャラメルは特別感があって喜ばれると思います。

恋人へはもちろん、友達へのお返しにもぴったりです。

 

⑤ バームクーヘン・・・あなたとの関係が続きますように

結婚式の引き出物でも人気ですよね。バームクーヘンは木の年輪をあらわしています。長い時間をかけてあなたとの関係を築きたいという意味があるようです。

すでにカップルの場合はこれからも長い間幸せが続くようにという意味があるそうです。

こんな意味を持つバームクーヘンをお返しでいただけたら幸せですね。

ご夫婦やお付き合いが長いカップルにもおすすめです。

ホワイトデーのお返しで避けるべきものは何?

どんなものでも気持ちがこもっていれば嬉しいお返しですね。

でも、お返しのチョコレートは人気がありません。

 

また私の感覚なのですが、会社の義理チョコへのお返しの場合お菓子の詰め合わせは避けたほうがいいと思います。

多くの場合、バレンタインデーにはチョコレートを贈ります。

そのお返しがチョコレートというのは理にかなっているのですが、同じものかとがっかりされる可能性は高いでしょう。お菓子の詰め合わせというのは、何人かの女性スタッフで分けておいてと渡される詰め合わせのことです。

 

そんなことをする人は少ないとは思いますが、めんどうだからとまとめて渡すとせっかくのお返しが残念なものになってしまいます。

同じもので構わないので1人1つずつ用意してあげてくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか。ホワイトデーのお返しのヒントはみつかりましたか?

お返しのお菓子には色々な意味があって面白いですね!

 

相手のことをあまり知らない場合は、無難なクッキーなどを贈るほうがよさそうです。

しかし、相手のことをよく知っているのであれば相手が好きなものをお返しするほうがいいですよね。

 

私はマシュマロが好きなので、お返しをいただく時に「嫌いという意味があるらしいけれど、あなたがマシュマロ好きだって言っていたから」と渡されたら、自分の好きなものを覚えていてくれたんだと嬉しくなります。

お返しも相手を思う気持ちが大切です。

相手が本当に喜ぶものを選んで贈ることができたら素敵ですね。



おすすめの関連記事

 - 季節の事柄