バレンタインが憂鬱!職場で女性が一人や少数の場合はどうする? | NETALSTATION

NETALSTATION

バレンタインが憂鬱!職場で女性が一人や少数の場合はどうする?

   

スポンサードリンク

四季折々の行事は、繰り返しの日常に変化をもたらし気分を変えてくれる楽しいものですが…その反面ちょっと迷惑なものに感じてしまう場合もあります。

 

特に社会人になると仕事とは関係のないいわゆる“付き合い”に憂鬱な思いを経験したという人は多いのではないでしょうか?

春はお花見・年が明けたら新年会・出張へ行けばご当地の名産土産…言わずとも恒例になってしまう社内ルールが色々ありますよね。

今回のテーマ”バレンタイン”も言わずとも恒例になってしまっている会社が多いかもしれません。

 

バレンタインが憂鬱!職場で女性が一人や少数の場合どうするの?というお話をしていきたいと思います。

 

女性を悩ます?バレンタインが憂鬱な理由

2月のカレンダーを見て14日が日曜日で「ホッ」とした。というご経験をお持ちのかたはきっとおられるでしょう。

私自身もいくつかの職場で働いたことがありますが、男性がいる職場では大抵“バレンタインデー”の話題が持ち上がります。

 

1、バレンタインを行うか否か。

2、各自で行うのか、まとめて行うのか。

3、どのぐらいの予算にするか。

4、誰がいつチョコレートまたはそれに代わる品物を買いにいくのか。(グループで行う場合)

 

最低でも上記のような話をしておかなければ、女性同士間でも男女間でも後に様々なトラブルを引き起こしかねません。

最悪の場合仕事に支障をきたすことだって十分にあり得る話なのです。バレンタインで?と思うかもしれませんね。

 

だからこそ“憂鬱”になるのです。

 

影響がないならばみんな悩みません。

「する・しない」が良い悪いではありません。もし「しない」ならばその意向を男性の方にも伝えなければいけませんし、伝え方にも配慮が必要です。

「やりたくないのでやりません。」などと思っていても言えません。

また同じ女性間でも「したい派・したくない派」と考え方が異なる場合もありますので、トラブルにならないよう上手く対応していかなければなりません。

既に会社の伝統行事と化している、イベント事を重要に考えている先輩、など意見や考えが合わないことなんていくらでもあります。

 

例えば職場に10人女性がいて8人したい派・2人したくない派がいたとします。この場合多数の意見に合わせるかそれとも少数で意見を貫き通すか、その選択によっては社内の空気が不穏になる事もある程度予想しておかなければなりません。

いかがですか?「面倒くさい」と思ってしまうのも仕方ありませんね。

スポンサードリンク

職場に女性がたった一人または少数の場合ってどうする?

では、女性が多い職場より少数の方が楽なのでは?と感じますよね。

私自身男性が多く、女性が少ない職場で働いた経験が比較的多いのですが、少数でも意見が合わない時だってありますし一人だと悩みを共有出来る人がいないので自分の判断で行うのか否かを決定し、費用や準備など全て一人で行わなければなりません。

 

結局少数や一人の場合でも“憂鬱”な事に変わりはありません。

 

一人なので、するか否かは自分の意思で決定出来ますが、自分の負担にならない程度の額で良いので取りあえず行っておく方が職場環境を快適に出来るかもしれせんね。

職場に自分以外の女性が一人でもいる場合は必ず意思確認を取っておく方が良いです。

 

必ずしも自分と同じ考えとは限りませんので、勝手に一人で行われたり自分だけ高額の品物を用意して自身の評価だけを良くしようとする人は存在します。

自分の身を守るためにも「するかしないか・どのぐらいの金額するか・一緒にまとめてするか」ぐらいの確認は行っておく方が良いでしょう。

負担を軽減して自分の「得」になるよう行動しよう!

バレンタインは必ず行わなければいけない義務ではありません。

 

例えばいつもニコニコしている人とムスッとしている人、あなたらならどちらの人に良い印象を受けますか?極端な例ですが、結局は「自分の印象」を左右させるという事です。

しないならばしない理由を「ホワイトデーのお返しが煩わしくなるのでやめる事にします」という相手に配慮した理由で断るほうが良いでしょう。

 

そして、どうしてもやりたくない理由が明確にないならば行っておく方が良いでしょう。

少額でもいいと思います。男性の数が多いなら各個人に対して出来なくても皆で分けれるようなお菓子などでも良いと思います。

こんなので私は十分だと思いますよ!いっぱい入っていてみんなに配れるので!
ガレー チョコレート 24本入り 楽天

取りあえず何か行動しておくことで「印象」づくという事です。

 

その行動が後に、仕事でミスをしてしまった時フォローしてもらえる・何かで困った時手助けしてもらえるなどというように自分に返って来る時があると思います。

なるべく精神的・金銭的な負担を軽減して自分にとって「得」となるように行動しましょう!

スポンサードリンク

まとめ

仕事以外の時間も仕事の延長上と捉えていくことが必要な時もあります。

飲み会や休日の付き合いも決して業務ではありませんが、人間関係を円滑にするには不可欠なものもあります。

 

社会では仕事が出来る出来ない以外の評価で左右され、理不尽な思いをしている人は多くいると思います。

無理のない範囲で上手に取り組んでいければ良いですね!



おすすめの関連記事

 - 季節の事柄