化粧水と乳液や美容液の付け方の順番やタイミングを紹介! | NETALSTATION

NETALSTATION

化粧水と乳液や美容液の付け方の順番やタイミングを紹介!

   

スポンサードリンク

ぴかぴか・つるつるで、いつまでも若々しいお肌でいたい!どの年代の女性でも思うはずですよね。

そんな美しいお肌づくりに欠かせないのが基礎化粧品です。

 

昔に比べていろんなアイテムが増えてきて、どれを使えばいいんだろう~?とスキンケアアイテム選びで途方に暮れている方はいらっしゃいませんか?

化粧水や美容液、乳液を適当にお肌に塗っているなんてことはありませんよね…?

 

ちょっとした知識を頭に入れておくだけで、毎日のスキンケアが劇的に変わります。

今回は化粧水と乳液や美容液の付け方の順番やタイミングなどを紹介していくのでぜひとも参考にしてくださいね!

化粧水と乳液と美容液の違いは何なの?

化粧水

洗顔で汚れと一緒に取り除かれたお肌の保湿を補うのが化粧水です。

化粧水がしっかりとお肌になじむと、次の化粧品が効率よく、そして浸透しやすくなります。

 

美容液

美容に必要な保湿成分、美白成分が含まれています。

部分的なケアでも使えます。

 

乳液

乳液というのは水分と油分がうまい具合に含まれています、なので保湿をしながらでも必要になってくる油分も与えてくれるんですよ。

それだけでなく、せっかく浸透させた化粧水・美容液の蒸発を防ぐためフタをしてくれる役割も担っています。

 

化粧水、乳液、美容液は全く違うのもので、それぞれに役目があります!

スポンサードリンク

化粧水と乳液と美容液の付け方の順番やタイミングを紹介!

化粧水、乳液、美容液の付け方の順番やタイミング

化粧水→美容液→乳液となります。

理由は水分から油分へと、お肌に浸透させていくためです。

例えば、洗顔をしてからいきなり乳液をつけるとします。

そうすると、お肌に油でフタをしてしまうので化粧水がほとんどなじまなくなります。乾燥やニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

 

正しい順番って本当に大事です。ただこれを守るだけで本来の実力を発揮してくれて自分のお肌のいつまでも美しく保つことが出来ます。

もう一度言います!順番は、化粧水→美容液→乳液です!

 

化粧水をつけるコツ

洗顔をしてからすぐにつけてください!

乾燥が始まってしまうので、ここはちょっと急いでください!

 

化粧水がお肌に浸透してほしいためにパンパン手のひらでお肌を叩いていませんか?

手のひらでお肌を叩くことをパッティングと言いますが、必要以上にパッティングすることはありません。

少しなら血行促進の刺激になっていいのですが、ずっとパンパンパンパン…叩くと毛細血管が切れて顔が真っ赤になっちゃいます。

かえってお肌を痛めつける結果になりますので、手のひらで優しくきゅっとお肌を包み込み化粧水をなじませてください。

 

コットンの代わりに手のひらでつけることによって、手のひらの温度で化粧水がより浸透しやすくなるのでオススメです!手も綺麗になりますしね。

大量の化粧水をバシャバシャつけるのではなく、最低でも3回に分けて少しずつなじませます。

美容液をつけるコツ

手のひらに取り、指でくるくる円を描きながら体温で温めます。

プチ手間ですが、温めることによって浸透力がアップしますよ。

 

2~3回に分けてつけ、乾燥などが気になる部分は重ねてつけてください。

乳液をつけるコツ

化粧水・美容液をつけてから少し時間を置いてからつけるようにしてください。

化粧水・美容液がきちんとお肌になじんだことを確認してからつけます。

 

美容液と同じで、手のひらで温めてから少しずつ顔全体につけていきます。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は化粧水、乳液、美容液の付け方の順番やタイミングを紹介していきました。

 

私が特に主張して伝えたいことは、それぞれのアイテムによってきちんと役割があるということです。

どのアイテムも違った働きをするし、入っている成分が異なります。

なので、きちんとお肌への『保湿』を考えれば化粧水・乳液・美容液は必要なんです!

 

「別に美容液なんてしなくても…」とは思わないでくださいね!

 

きちんとスキンケアをすることによって、10年後・20年後のお肌の美しさが断然変わってきます。

多少は面倒くさいと感じる時もあると思いますが、健やかで綺麗なお肌になるように日々頑張っていきましょう。

 

頑張ってケアをしていると周りから「すごく綺麗なお肌だね!」と、褒められますよ



おすすめの関連記事

 - 美容