歯磨き粉で研磨剤なしの市販のおすすめを紹介! | NETALSTATION

NETALSTATION

歯磨き粉で研磨剤なしの市販のおすすめを紹介!

   

スポンサードリンク

毎日欠かすことが出来ないのが歯磨き。

誰しも習慣化されているので、あまり毎日の中で意識することが無いかもしれませんね。

 

今回はそんな歯磨きの中でも研磨剤なしの歯磨き粉を紹介していきたいと思います。

市販されているおすすめのものを紹介するので簡単に手に入りますよ。ぜひとも試してみてくださいね。

歯磨き粉の研磨剤って何?

昔に比べここ数十年デンタルケア・オーラルケアがブームになっています。

歯はメンテナンスをしっかりしていればなんと400年も寿命があると言われています。しかし現実はそんなに持ちません。

 

もたない原因として虫歯・歯周病・歯肉炎・歯周病があげられます。

 

そのことから以前は、虫歯にならないための歯みがきの習慣も今は、歯周病対策、歯槽膿漏対策、歯肉炎対策ができる歯みがき粉も発売されていますし美白・口臭予防など様々な目的で歯みがきをするという時代になりました。

その目的にあわせるかのように様々なメーカーが歯ブラシや歯磨き粉、オーラルケア、デンタルケアグッズを発売しています。

その中でも歯磨き粉は各社こだわって製品開発をしています。

 

歯みがき粉で最近よく耳にするのが研磨剤無しというキーワードです。

研磨剤と聞いて日常思い浮かぶのは台所のシンクを磨くクレンザーや木材や鉄などを研磨するヤスリなどを思い浮かべる方も多いかと思いますが、歯磨き粉の研磨剤はそれとは違います。

歯みがきのそもそもの目的は歯についた汚れを落とすことで虫歯や歯周病を予防するということ。

汚れには簡単に水で落ちるもの歯ブラシで落ちるもの、薬剤を使わないと落ちないものがあります。

 

例えば、コーヒーやお茶でつく渋や煙草のヤニ、食品からの着色汚れ。

これらの汚れは薬剤(研磨の効果があるもの)を使わないと落とすことができません。

歯磨き粉の多くは研磨する薬剤が入っています。そのことでスムーズに歯についた汚れを落とすことができるからです。

 

但し、工業用の研磨剤の成分とは異なる成分になります。

歯を磨くときに万が一飲み込んで支障がでてしまう、歯茎を傷つけるようなものでは怖いですから歯に使われる研磨する薬剤に関しては強烈な研磨剤は使われることはありません。

スポンサードリンク

歯磨き粉の研磨剤なしでも大丈夫?

歯磨き粉の研磨剤の役目としては前出のように汚れをスムーズに落とす為に使われています。

ですからお茶やコーヒー、ジュースなどを飲む方、ワインなどを飲む方、煙草をすう方、歯を白くなめらかにしたい方などは研磨剤の成分が入っている歯磨き粉がオススメです。

しかし、研磨することでトラブルになる方は研磨剤がないもののほうがよいようです。

 

例えば、知覚過敏、歯周病の方が該当します。

これらの方は歯や歯肉が研磨剤の刺激をもろにうけやすい為研磨剤が配合されていない歯磨き粉でなければいけない方になります。

歯磨き粉で研磨剤なしの市販のおすすめのを紹介!

では実際研磨剤無しの歯磨き粉にはどのようなものがあるのでしょうか。オススメをご紹介します。

 

「薬用シュミテクトゥルーホワイト」:CMでもおなじみのシュミテクト。

歯がしみるのを防ぎ虫歯も予防そして歯も白くするという知覚過敏予防の歯磨き粉で研磨剤無配合になります。

 

「小林製薬シコンコート」:歯茎が後退することでおこるのが歯根からの虫歯で大人に多いそうです。

この歯根と歯をコーティングし虫歯を防ぐという歯磨き粉です。歯肉炎・歯周病・歯槽膿漏の予防にも効果。

 

市販品ではないのですが、おすすめなのがプレミアムブラントゥース。

プレミアムブラントゥースは自然由来のボタニカル成分にこだわって作られているので非常に安心です。

店頭などでは手に入りにくいのですが、こちらからだと返金保証付きで購入することが出来ますよ。
笑顔キラキラ!!輝く白い歯に!!!+【プレミアムブラントゥース】

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は市販されている研磨剤なしの歯磨き粉を紹介していきました。

 

歯磨き粉選びに研磨剤ありなしに関しては歯をどうしたいのか、歯の悩みなどの目的によって選択するのが良いようです。

 

毎日の習慣ですから是非自分にあった歯磨き粉を選択し正しい歯みがきをおこなうのが大切です。最後に正しい歯みがきのポイントをご紹介します。

①歯ブラシは軽く鉛筆のように持つ
②歯みがき粉はたっぷりと
③歯や歯茎を傷つけないよう優しく磨く
④歯ブラシの角度は45度
⑤歯ブラシは1歯ずつ20回~30回目安に磨く
⑥歯みがきは最低一日三回食後に磨くこと(但し朝は食事前、夜は就寝前が効果的)

400年まではいかなくても8020運動が提唱するように80歳で20本の歯を残したいものですね。



おすすめの関連記事

 - 美容