NETALSTATION

新谷学(週刊文春編集長)の大学や高校は?経歴や年収と年齢を紹介!

   

新谷学

今、めちゃくちゃ勢いがあるのが週刊文春!それを編集長として率いているのが新谷学(しんたにまなぶ)さん。

彼がいることによって文春が完売するくらいの売上げになっています。

そんな新谷学さんの大学や高校の学歴や気になる年収を探ってみましょう。

今回は新谷学さんを紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

新谷学のプロフィール(経歴)と大学や高校!

新谷学さんの生年月日は1964年9月1日

現在の年齢は52歳

高校は早稲田実業を卒業されており大学も早稲田大学を出ておられます。

大学卒業後は文藝春秋に就職をされました。

文藝春秋に入られたあとは、Numberやマルコポーロを経て週刊文春に!

新谷学さんが文春の編集長になられてからスクープだらけで、日本では芸能ニュースのオンパレードでした。

一般視聴者の私ですら週刊文春はすごいなと思ったほどです。

今までそんなことに気もとめていなかった人が、コンビニにいって週刊誌を手に取るのです。

「週刊文春」自体が社会現象になったといっても過言ではないかもしれませんね。

週刊文春は他の週刊誌とは違い、昔からスクープ一筋でがんばってこられました。

おもしろくない特集を組むわけでもなく、ひたすら現場の人たちはニュースを追い求めたのです!

その結果が今の週刊文春の好調さを表しているでしょう。

新谷学の年収って?

これだけの売れている週刊文春の編集長ってどれくらい給料をもらっているか気になりませんか?

実際に給料が公開されているわけではないので、本当のところはわかりません。

しかしそれでも気になった私がちょっと調べてみました。推測ですが…。

一般的に編集者の仕事って給料はあまりよくないみたいです。

あまりよくないというよりも、時間に対しては給料が少ないのが現状です。

一般的な40代編集者で年収が500万円もないくらいだといわれています。

そこから考えると新谷学さんは50代なので600万円くらいなのかなと思います。

しかし今一番売れいている週刊誌の編集長ですよ。さすがにボーナスなどは上乗せされているでしょう。

私が思うには年収で1000万円はあるのではないでしょうか?

でもこの金額が多いと判断するか少ないと判断するかは、人それぞれ意見がわかれてきそうです。

スポンサードリンク

新谷学を知って

いかがでしたでしょうか?

今回は週刊文春の編集長である新谷学さんを紹介しました。

日本にはいくつか週刊誌は存在していますが、週刊文春の名前はたぶん今では小学生にまで広まっています。

それくらいスクープを頻発させることが出来るのは、現場の人たちのおかげだということは間違いがないでしょう。

しかしトップに立つ新谷学さんの立場から考えると、いかに記者たちが気持ちよく働けるかどうかが重要ではないでしょうか?

編集の現場を何も知らない私が持つイメージでは編集長はめちゃくちゃ怖くて、部下達はいつもビビッてしまっているイメージです。

しかしこれでは良い仕事は出来ません。

新谷学さんはいかに記者立ちによい仕事をしてもらうためにはどうしたらよいかを考えておられるはずです。

それがあってこそ今の週刊文春があるのではないでしょうか

これからも週刊文春の発売はファンとして楽しみです。

知らないことを知れる喜びは本を読むと得ることが出来ます。

週刊誌?と思って敬遠される人もいるかもしれませんが、週刊誌ががんばることで確実にスクープが生まれてきました。

一度じっくり読んでみたらイメージが変わるかもしれませんよ。

今日もありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 文化