NETALSTATION

大関春子(文庫革職人)商品の値段や購入方法!店の場所や営業時間も

      2016/04/30

bed58169162aa4fd38894f4dd964e89f_s

文庫革職人として伝統文化を守り続けているのが大関春子さん。

そんな大関春子さんがNHKの5月2日の「ひるまえほっと」で特集がくまれることになりました。

職人としての大関春子さんがどのようなものを作っているのか?

どうしたら商品を購入できるのか?などをみていきましょう!

スポンサードリンク

大関春子がしている文庫革とは?

文庫革というのは別名「姫路革」とも呼ばれていてその歴史は1000年前にもさかのぼります。

外国からその手法が伝えられてきて、姫路という土地がこの産業にピッタリあったのです。

この革の特徴はきれいな白であるということです。

このきれいな白に型がおされて、色鮮やか色が塗られていきます。

現在ではこの革を使って財布や小物入れがつくられていますが、元々は本を入れるための箱を作ったことか文庫革と呼ばれるようになりました。

大関春子さんは昔の伝統を今に伝えて、現在でも使えるように様々な商品を作り出しています。

大関春子の商品の値段は?

大関春子さんは文庫屋「大関」というお店で職人として文庫革作りにたずさわっておられます。

手間暇かけた商品はどんな値段で売っていて、どうやって購入していけばよいのかみていきましょう。

まず文庫屋「大関」で一番多い商品は財布です。種類も多くてL字のファスナーが付いた長財布からがま口の財布まで色々ありますよ。

価格帯は長財札と高いもので24000円台くらい、安くても22000円くらいでしょう。

がま口の財布なら8000円くらいからあるので、最初はがま口から始めるのもいいかもしれませんね。

他にもペンケースやカード入れなどがありますが、私が気に入ったのはタッセル付き手鏡です。

大きさも8センチくらいと手ごろで鞄に入れていても邪魔になりません。

しかも専用の袋が付いているみたいなので、鏡に傷がつく心配もないですね。

タッセルが付いているのに、和風っぽくて、これなら誰かにプレゼントしても喜ばれそうです。

スポンサードリンク

文庫屋「大関」での購入方法や営業時間は?

文庫屋「大関」の商品はインターネット通販で購入することができます。

インターネットから会員登録をして購入すると5パーセントオフになるなど得点がありますよ。

しかもポイントも付いてくるので、ファンにとっては大変お得です!

インターネット通販なら各種のクレジットカードが使えるのですが、代金引換なども出来るので始めての人でも安心して購入できます。

また送料が650円かかっては来るのですが、2万円以上買うと無料になるサービスもあるので、まとめて購入する価値があります。

またインターネットは…ちょっと…と考えている人でも実店舗があるので大丈夫ですよ!

東京の浅草には文庫屋「大関」のお店があります。

ここに行けば、いろんな商品を手に取ることができて、自分の目で確かめて購入することができます。

住所
〒111-0032
東京都台東区浅草2-2-6-1F

営業時間
10:00 – 18:00 ※1

定休日
水曜日 ※1
(臨時休業、悪天候による早じまいなどの場合もございます。
お越しの際は事前にお電話でお問い合わせください。)

※1.営業時間、定休日は変更させて頂く場合がございます。

旅行や仕事などで東京に出かけられる人も多いと思うので、もしちょっとでも興味があるなら定休日にだけは気をつけて、お店に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

お店の場所は浅草の浅草寺のすぐ近くです。アクセスも便利ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は大関春子さんとともに文庫屋「大関」を紹介しました。

昔ながらの伝統技法をつかって、現代でも使いやすいものを商品にされているので、誰が見ても欲しくなる商品ばかりです。

色はとてもカラフルなのですが、決してそのデザインは主張しすぎません。

見ているだけで落ち着くような商品です。

これからも大関春子さんには、この技法を新しい代に伝えてもらって、いつまでも日本に文庫革を残していってもらいたいです。

今日もありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 文化