NETALSTATION

長沼真太郎(BAKE社長)の経歴!学歴やチーズタルトが気になる!

   

naganumashintaro

今、日本でチーズタルトといえば「BAKE」

BAKEを背負ってたつ若き社長が長沼真太郎さんです。

北海道の洋菓子店から独立し、日本一のスイーツ店を作った人物です。

長沼真太郎さんを知ることによって、きっと自分の人生に役立つことがあるはずです。

今回はそんな長沼真太郎さんを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

長沼真太郎の経歴や学歴

長沼真太郎さんは1986年4月4日生まれなので、今年で30歳です。

北海道で生まれられ、ご実家は洋菓子店をされていました。

大学は東京に出られて慶応大学を卒業されています。

慶応大学といえば日本では数本の指に入る私立大学です。

たくさんの有名人を輩出していますし、最近は桜井翔さんなんかも卒業をされています。

卒業後は丸紅に入社されて菓子の営業などをされていました。

一流大学を卒業して一流企業に入社。

これをみるとだれもがうらやむ人生を歩んでおられますよね。

わたしも一度でいいからこんな人生を生きてみたかった…。

しかしその後、1年で会社を退職されています。

私がもし丸紅に入っていたら、定年までしがみついていてるでしょうね…。

そして現在はあの有名なBAKEを立ち上げて社長をしておられます。

とりあえず若いですよね。

なかなか若くして大ヒット商品を生み出し、会社を大きく出来る人はいないでしょう!

きとやの売上げを改善!

長沼真太郎さんは丸紅を退職されたあとはご実家の洋菓子店「きのとや」に入られました。

きのとやは新千歳空港に店舗があるのですが、そこで店長をしているときにこの店舗の売上げを劇的に改善したのです。

私が思うにはこのときに経験が、経営者 長沼真太郎さんの土台を作り上げたのではないでしょうか?

物産展で販売しているときに、たまたま焼きたてのタルトを鉄板に並べて販売するようにしたら売上げが上がったのです。

これは物産展での出来事なのですが、すぐにこれを実店舗でも取り入れました。

するとテレビなどにも取り上げられるようになったのです。

この行動力は私は見習うべきところです。

ちょっとした発見をしても行動できなければ、なかったのと同じことです。

これをすぐに行動に移したのは長沼真太郎さんのすごいところではないでしょうか?

スポンサードリンク

BAKEのチーズタルトって?

大阪では阪神百貨店でBAKEのチーズタルトを買うことが出来ます。

しかし大人気なので行列は覚悟の上です。

でもチーズタルトを食べたら必ず並んでよかったと思うはずです。

クリームのなめらか感は他のチーズタルトでは味わうことができませんよ。

それになんと言っても焼き立てというのが新鮮味があっていいですよね。

普段スイーツなんて口にしない人でも、もうひとつ食べたくなる。そんなチーズタルトです。

私の感想ですが。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ふだんあまり作っている人を気にせずに食べていたチーズタルトですが、長沼真太郎さんの努力によって実はおいしく食べられていたのです。

そこにはおいしさを追求するのはもちろんのこと、経営のこともきちんと考えているから私達の口にチーズタルトが届いたのでしょう。

私的には今後は、あまり並ぶことなくチーズタルトを食べることが出来るとありがたいなと思っています。

そして3月5日のウラマヨ!に長沼真太郎さんが出演されます。

テレビではなかなか見ることができないので、どんな話が聞けるのか楽しみです!

今回もありがとうございます。

スポンサードリンク

 

 - 文化