NETALSTATION

森勇二監督(都立昭和高校野球部)の経歴!バカボンのパパ作戦って?

      2016/10/18

c0e7ad5263c035c12ddc323fba306cd4_s

都立昭和高校野球部の監督として選手達をひっぱていっているのが森勇二さん

春季高校野球東京大会が現在開催されていますが、都立昭和高校が早稲田実業を破って3回戦に出場することが決まりました。

今回はユニークな指導法を実践して、選手達のやる気を引き出している森勇二監督にスポットを当ててみたいと思います。

スポンサードリンク

森勇二監督のプロフィール(経歴)

現在都立昭和高校の野球部で監督をしている森勇二監督は元々は定時制におられました。

しかし移動となって赴任した高校が都立の武蔵村山高校です。

この学校で森勇二監督は運命的な出会いをします。

それが当時野球部の監督をされていた佐藤賢司監督です。

実際には1年間しか一緒には野球は指定なのですが、森勇二監督にとっては佐藤賢司監督が師匠みたいな存在なのです。

以降、森勇二監督は都立武蔵村山高校、都立昭和高校で野球の指導に当たっています。

また試合結果としては2015年の全国高等学校野球選手権大会では準決勝に残る成績を残しています。

今後は更なる結果を残して、甲子園出場なんていうのも夢ではないかも知れません。

森勇二監督のバカボンのパパ作戦って?

森勇二監督は技術面での指導はもちろんいいのですが、メンタル面での指導も際立っています。

そのひとつが「バカボンのパパ作戦」です。

これの意味というのがポジティブ思考をもって「これでいいのだ」と思うことが大事だということです。

~できたらいいのにとか、~しとければやかったのにとか思うのではなく、これでいいのだと思いポジティブにとらえることを重視しています。

私的にはちょっとしたことをポジティブにとらえることは人生において重要なことだと思います。

実際問題として起こったことが良いことなのか、悪いことなのかというのは自分のとらえかた次第です。

その物事自体には良いも悪いもありません。

それなら出来事に対してはなるべくポジティブに対応して、次の行動をスムーズにしておくほうが良いのではないかと私は思います。

現在の高校生がバカボンを知っているかどうかは分かりませんが、森勇二監督の指導はものすごく重要なことではないのかなと私は感じたのです。

私も「これでいいのだ」と常に思うようにして、何事もポジティブにとらえていきたいと思わせてもらいました。

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は都立昭和高校の森勇二監督を紹介しました。

早稲田実業との試合に勝てたのもきっと森勇二監督の指導があり、それについてきた生徒達のがんばりがあったからでしょう。

スポーツにはメンタルは欠かすことができません。

高校の頃からからメンタルを充実させたスポーツが出来るということは生徒たちにとっても有意義なクラブ活動になることでしょう。

森勇二監督の生徒からすばらしい野球選手が出てくることを期待しています!

今日もありがとうございました。

オススメの記事

井川翔は滋賀学園から甲子園出場!病気と経歴や試合結果も紹介!

高橋勇丞(済美高校、阪神)の今現在!プロフィールや年齢を紹介!

宮下昌己(元中日)の今現在!経歴やクロマティとの関係を紹介!

スポンサードリンク



おすすめの関連記事

 - スポーツ