NETALSTATION

宮坂力のプロフィールや経歴って?大学など学歴も気になる!

   

スポンサードリンク

ノーベル化学賞の日本人候補者として名前があがっているのが桐蔭横浜大学の宮坂力(みやさかつとむ)さん。

 

ネガティブなニュースも多い中、毎年この時期になるとノーベル賞関係でうれしくなるような話も出てきます。

今回はそんなノーベル賞候補に挙がっている宮坂力さんのプロフィールなどについて迫ってみますね!

出身大学などの学歴についても調べてみたので最後まで楽しんで下さい。

宮坂力はなぜノーベル賞候補に?

正直なところ、宮坂力さんの名前はノーベル化学賞の候補にあがるまで知りませんでした。

きっと私の予想では難しいそうな研究をされているのだろうなと思っていたら予想通り難しそうな研究されてました。

特殊な結晶構造の一種「ペロブスカイト」が太陽電池として使えることを発見し、2009年に報告した。材料を塗るだけでつくれたり、曲げたり半透明にしたりできるのが特徴で、次世代太陽電池の一つとして期待されている。
引用元:http://www.asahi.com/articles/ASK9N5Q8DK9NULBJ00P.html

これだけを読んでも何の事なのか私には難しいのですが、簡単に言うと今までの太陽電池よりも安く作ることが出来る太陽電池を発見したという事だと思います。

まだ実用化されているわけではない様なのですが、今後のエネルギー問題を大きく変革してしまうような技術なのだと思います。

 

ただ、宮坂力さんは有力なノーベル賞の候補という事です。何人もの有力な候補がおられる中の一人。まぁこの中に入るだけでもすごいというわけなのですが。

でも実際にノーベル賞を取るのと候補で終わるのでは雲泥の差なんでしょうね。

ぜひとも日本人として宮坂力さんにはノーベル賞を取ってもらいたいです!

スポンサードリンク

宮坂力のプロフィールや経歴!出身大学などの学歴も紹介

今現在、宮坂力さんは桐蔭横浜大学に所属をされていて特任教授をされています。

そんな宮坂力さんですが、神奈川県の出身の64歳。

 

早稲田大学を卒業されて、大学院は東京大学を出ておられます。

具体的に言うと

東京大学大学院工学系研究科合成化学専攻博士課程

というのが最終学歴みたいですね。

 

その後、ケベック大学の研究員をされて、富士写真フィルムにも所属されていました。

そして今現在は桐蔭横浜大学医用工学部臨床工学科の特任教授になられているんですよ。

 

個人的には特任教授って何なの?と思ってしまったのですが、正規雇用の教授ではない人がなることが多いみたいですね。年齢的に定年を過ぎた人がなることが多いとか。

で、今年2017年にクラリベイト・アナリティクスが宮坂力さんに引用栄誉賞に決めました。

これを受賞した人はノーベル賞も受賞する確率が高いとか。ゆえに宮坂力さんはノーベル賞候補だといわれています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はノーベル賞候補にも挙がっている宮坂力さんのプロフィールなどに迫ってみました。

 

正直、感想としては経歴も研究されていることも私のような人間には難しすぎましたが、こういった人が日本や、世界を支えているのだという事は十分に理解できました。

私にはよく分からないこと…それが本当に大切なことで、将来の人類を支えることになっていくのだと思います。

 

今現在はノーベル賞に近いとされる引用栄誉賞を受賞されたという事です。なので実際にノーベル賞を取られるかどうかはまだ先の事で分かりません。きっといい報告を聞かせてくれるのではないでしょうか?楽しみにしています1



おすすめの関連記事

 - 文化