NETALSTATION

交川陽子(オートレース)が教師をしていた高校(学校)はどこ?

   

スポンサードリンク

女性の27歳という年齢でオートレースの選手養成所に入所したとして話題になっているのが交川陽子(まじかわようこ)さん。

 

サンボ選手でもあったり教師でもあったのですが、それを捨ててまでオートレースに挑戦されているんですよ。

今回はそんな交川陽子候補生が教師をしていた高校はどこなのかに迫ってみたいと思います。

交川陽子のプロフィール

生年月日 1989年1月19日

年齢   28歳

出身   京都

27歳でオートレースの世界に入ったという事で話題になっているのが今回紹介をする交川陽子候補生。

27歳なんて若いな~なんて思ってしまうのは私だけでしょうか?そう私だけ見たいです…。

 

というのもオートレース選手養成所に入所する人の平均年齢というのは21歳なんです。結婚適齢期とかそういう事ではなく、スポーツの世界で6歳も違えば本当に大きな差と言ってもいいでしょう。10代で入ってくる人がいることを考えるとやっぱり27歳での挑戦というのはすごいとしか言いようがありません。

2016年の10月から交川陽子候補生は養成所に入ったわけなのですが、実は特例が認められて入ってきたんですよ。なんの特例なのかな?と思ったらサンボの世界選手権での記録が認められたからという事みたいですよ。

交川陽子が教師をしていた学校って?

27歳でオートレースの選手を目指すだけでもすごいのですが、交川陽子候補生がすごいのが元々教師をしていたという事です。

私からすると安定した職業を捨てて夢に挑戦するのはすごいとは思うのですが、もったいないな~と思ってしまうところもあります。

 

そんな交川陽子候補生が教師をしていた学校というのが履正社高校。

 

履正社高校といえば大阪にある学校で野球が強いことでも有名です。

そんな履正社高校で交川陽子さんは体躯教師をされていました。というのも小学校の頃から10年以上もの間、柔道をされてこられたんですよ。

 

ただ、教えるよりも自分が戦いたいということで、オートレースに挑戦されています。

インタビューでもこう答えられています。

生徒に指導するなどももちろんやりがいはあったのですが、自分自身が競技者だったので、自分が戦っていたい、勝負の世界で活躍したい
引用元:http://ameblo.jp/racesukiko/entry-12216570421.html

これは長年スポーツをされてきたからこそ言える言葉と言ってもいいでしょう。しかも柔道は個人競技でもあるので、なおさら自分の腕で戦っていきたいという気持ちも強かったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

サンボって何?

特例で選手養成所に入所されているのですが、そのきっかけとなったのがサンボというスポーツ。

とりあえず私はサンボという言葉自体を聞いたことがありません。サンガというサッカーチームはありますが…。サンボマスターというバンドもありましたよね…。

話がそれました…。

 

 

よくよくサンボというスポーツを調べてみると、格闘技の一種という事が分かりましたよ。

サンボというのはロシアで生まれたと言われているのですが、元になっているのが柔道。元々はソビエト軍で軍隊格闘術として使われていたのですが、現在はスポーツとして発展しています。

簡単にいうと柔道とレンスリングを掛け合わせたようなスポーツだと言われています。

 

 

ここからがすごくてなんと交川陽子さんは全日本サンボ選手権で優勝された経験があるんです。しかも世界選手権では7位。この成績をもとに特例が認められたそうです。

柔道をされていたという事もあり、サンボの世界に入りやすかったのかもしれませんが、日本一になるのは元々持っている才能がすごかったこともあるでしょうね。もちろん努力もすごいでしょうけどね。

こちらの動画がサンボの試合風景になります。交川陽子さんの試合ではありませんが、サンボという競技がどういったものか分かっていただけたのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はオートレースの選手養成所に27歳で入所したと話題になっている交川陽子さんを紹介していきました。

 

昔は男の世界という雰囲気もありましたが、最近では交川陽子さんのように女性選手も増えいていっています。

ぜひとも頑張ってもらいたいですね。

 

 

今回、交川陽子さんを改めて調べていて、私が学んだことは「年齢は関係がない」という事です。

何か夢や目標があっても「年齢であかんやろな~」なんて思ってしまう事はあると思います。
これは年齢がいっている人はもちろんのこと、若い人は若いなりに年齢のせいにして何かをあきらめた経験があるのではないでしょうか?

 

でも、よく考えてみるとその年齢制限って自分自身で作った壁なのかもしれません。交川陽子さんを見ていると実は年齢を理由に諦める事なんてしないでもいいのではないかと今回思わされました。だって、現実に彼女のように最年長で何かに挑戦している人はいっぱいいるのだからです。

意外と年齢を言い訳にしているときって、実は行動にうつすのがめんどくさいからそう言っているだけなのかもしれませんね。私の事ですが…。これからは年齢の事は一旦横に置いておいて自分のやりたいことを追求していきたいなと思わされました。

今日もありがとうございました。おおきに!

スポンサードリンク



おすすめの関連記事

 - スポーツ