NETALSTATION

桑波多恭行(タンザニア移住の世界ナゼそこに?日本人)年齢や出身地

      2016/09/07

くわはたタンザニア

タンザニアの孤児院でボランティア活動をがんばっておられるのが桑波田(くわはた)恭行さん。

4月11日テレビ東京の「世界ナゼそこに?日本人」で特集が組まれることになりました。

今回はそんな桑波田恭行さんにスポットをあててみたいと思います。

スポンサードリンク

桑波多恭行の年齢や出身地は?

桑波多恭行さんは元気そうに孤児院でボランティア活動などをされていますが、現在の年齢は75歳

出身地は宮崎県で70歳を過ぎてからタンザニアに行ったのです。

元々はJICAの職員として世界中で活躍をされていました。

そしてタンザニアのモシという町の孤児院でボランティア活動や支援活動をされているとの事です。

また現在はムサマリアでがんばっておられるとの情報もあります。

JICAにおられたとはいえ70歳をすぎてからタンザニアで過ごす活力はどこから出てくるのでしょうか?

私が75歳になったときにタンザニアに行って住むことを想像しましたが、たぶん出来ないと思います。

自分ならどんな70代を迎えられるのかと今から考えていかなくてはならないと感じさせられました。

ましてやそこの土地で現地の人たちと仲良くなりスワヒリ語を話すなんてすごすぎますよね。

また桑波多恭行さんはタンザニアの自宅で自炊もしたり、鶏小屋もつくって何匹もの鶏もかわれています。

たぶん日本にいても75歳でここまでの行動力がある人はなかなかいないかもしれませんね。

 

桑波田恭行がいたJICAとは?

JICAというのはJapan International Cooperation Agencyの略で日本語でいうと国際協力機構の事をいいます。

ODAといわれる政府開発援助を実際に行う機関で、開発途上国などへ様々な援助をしています。

青年海外協力隊というのを聞いたことがありませんか?

これもJICAが行っているボランティア派遣のひとつです。

海外でボランティア活動をしたいと、青年海外協力隊に入ったという人もみなさんの身近にもおられるかもしれませんね。

またJICAの活動のひとつに開発途上国自ら発展できるようになるためのプロジェクトもあります。

これならただ相手の国に何かをするのではなく、JICAの人たちがいなくなっても今後自分たちで発展をする事が出来ます。

多少の苦労はかかるかもしれませんが、将来を見据えるという点ではこういった活動の方がいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

桑波多恭行を知って思うこと

いかがでしたでしょうか?

今回は、タンザニアでボランティア活動をしておられる桑波田恭行さんを紹介しました。

桑波多恭行さんの存在をしってから、私は他人に対してどのようなことが出来るのかと考えるようになりました。

今までは自分中心に物事を考えて、他人のことを気にしたことがありません。

しかしこれでほんとにいいのでしょうか?

自分の時間の数パーセントでも支援を必要としている人の為に使うことによって何かが得られるのかもしれません。

けっして物で返ってくるものではありませんが、自分が成長していく過程では精神的に何かが得られるのかもと思っています。

4月11日テレビ東京の「世界ナゼそこに?日本人」に桑波多恭行さんの活動が取り上げられます。

こういった日本人が世界で活躍していることに日本人としてほこりがあります。

これからの活動にも期待したいと思います。

今日もありがとうございました。

高齢でも活躍されている人

中塩善治郎の陸上日本記録!プロフィールと妻や鉄人のきっかけも!

中野陽子(マラソン)の経歴や記録は?仕事やランナーのきっかけも!

スポンサードリンク



おすすめの関連記事

 - 文化