NETALSTATION

黒枝豆が黒くない理由は?枝豆との栄養価の違いも気になる!

   

スポンサードリンク

丹波篠山の名産である「黒枝豆」をご存知ですか?

 

黒枝豆は、通常の枝豆と比べてやや大きく、栄養が豊富に含まれているのが特徴。

黒枝豆という名前から、黒い枝豆を想像する人も多いと思いますが、実はそんなに黒くないんです!

では、どうして黒枝豆という名前なのに黒くないのでしょうか?

 

黒枝豆と普通の枝豆の栄養の違いやおいしく茹でる方法と保存方法も紹介をしていくので最後まで楽しんで下さいね!

今回は、黒枝豆が黒くない理由と、栄養価の違い、美味しい黒枝豆の茹で方をご紹介いたします!

黒枝豆が黒くない理由は?

黒枝豆は、兵庫県の丹波地方で収獲された枝豆のことを指します。

 

普通の枝豆より少し大きいのが特徴。

苗がデリケートなため、栽培できる地域が篠山駅より北東の地域と限定されています。

毎年10月初旬から3週間程度と収獲時期が短いため、市場に出回るのは稀なんですよね。

 

この黒枝豆は、黒大豆が熟成する前に収獲するため、殻は通常の枝豆よりほんのり黒い程度で、ほとんど見た目では枝豆と変わりません。

 

私も嫁さん「黒枝豆買ってきたで!」と自慢げに言われて見てみると、それほど違いが分からなかったような…と初めて黒枝豆を見た時は思いましたよ。

さすがに最近は味も見た目も黒枝豆と枝豆の違いが分かるようになってきましたけどね!

また、この黒枝豆を収獲せずに熟成させることで、お正月などに欠かせない黒豆になるんですよ。

スポンサードリンク

枝豆との栄養価の違いも気になる!

黒枝豆は、黒大豆によって栽培されます。

そのため、大豆と同じようにたんぱく質が豊富に含まれており、枝豆と大豆の両方の栄養価を持ち合わせているんですよ!

 

「畑の肉」と言われているくらい、たんぱく質が豊富に含まれている大豆ですが、黒枝豆の場合はたんぱく質以外にどのような栄養が含まれているのでしょうか?

ビタミンB1やCなど

枝豆には、体内で必用に応じて変換されるビタミンAの元である「ベータカロテン」が多く含まれているため、抗酸化作用が期待できます。

シミやしわなどの老化防止と、お肌の健康維持に役立つと言われていますよ。

 

また、黒枝豆には枝豆同様にビタミンが多くて、疲労回復効果が期待できる「ビタミンB1」や、お肌の健康や骨を丈夫にする「ビタミンC」豊富に含まれています。

そのため、黒枝豆に限らず枝豆は、現代ではスーパーフードとして日本国内だけでなく、海外でも注目されているんです。

アントシアニン

黒枝豆には、ポリフェノールの一種「アントシアニン」が豊富に含まれています。

ポリフェノールは、抗酸化作用でシミやしわを予防できる以外に、視力の改善などにも効果がある栄養素として有名ですよね。

 

アントシアニンは、目の血行改善や疲れ目・眼精疲労などに効果があるため、デスクワークやPC・スマホの利用時間が多い人におすすめです。

黒枝豆の茹で方を紹介!

豊富なたんぱく質やビタミン・アントシアニンが含まれる黒枝豆は、目を酷使し食生活が乱れがちの現代人にこそ食べてもらいたい食材です。

収獲期間が短いため市場には出回りにくいですが、インターネットなどを利用して通信販売で購入することができます。

 

では、この黒枝豆はどのように茹でれば良いのでしょうか。

<用意する物>
• 黒枝豆 500g
• 塩 100g+大さじ2杯

 

<茹で方>
1. 枝から黒枝豆のサヤを切り落とします
2. 黒枝豆を水洗いして、大さじ2杯の塩を振ります
3. こすり合わせるように、サヤのうぶ毛を取り除きます
4. もう一度水洗いをして、うぶ毛や塩を洗い流します
5. 鍋でお湯を沸かします
6. 沸騰したら、水2リットルに対して塩100gを加えて、黒枝豆を12~15分程度茹でます
7. 一粒取り出し、硬さの確認をして問題なければ、ザルにあげて水を切り、荒熱をとります

 

<注意点>
枝豆は足が早いので、茹でたらその日のうちに食べるか冷凍保存するようにしましょう。
サヤごとチャック付きの保存袋に入れるか、サヤから一粒ずつ取り出して冷凍しておくと、調理する時にとても便利ですよ!

スポンサードリンク

まとめ

黒枝豆は、丹波地方の篠山駅より北東の地域でのみ栽培された枝豆のことを言います。

熟成する前に収獲するため、サヤはほんのり黒い程度で、黒枝豆という名前に反してあまり黒くありません。

収獲できる時期が短いため、市場に出まわるのは稀。

 

自慢じゃありませんけど私は関西在住。という事はこの時期になると丹波に黒枝豆を買いに行くことが出来るんですよね~。

この時期の丹波と地方と言えば、栗、黒枝豆、篠山牛と美味しいものだらけ。私も毎年10月に開催されている丹波篠山味まつりに出かけては黒枝豆を買って帰って楽しんでいます。

 

他の地方の人は黒枝豆を購入できないのかというとそうではありませんよ!

最近では黒枝豆も楽天などでインターネット販売もされているのでぜひともチェックしてみてください。

楽天市場で「黒枝豆」を検索

黒枝豆はたんぱく質、ビタミン、アントシアニンが豊富に含まれている黒枝豆は、忙しい現代人におすすめの食材です。黒枝豆を食べて、季節の変わり目を元気に乗り越えてくださいね

今日もありがとうございました。おおきに!



おすすめの関連記事

 - 季節の事柄