NETALSTATION

今村雅弘復興大臣は妻や子供など家族いる?エヴァのネクタイ最高!

      2017/04/05

スポンサードリンク

衆議院議員、そして復興大臣として安倍政権で活躍されているのが今村雅弘復興大臣。

記者会見でフリージャーナリストの質問に激怒したと話題になっていますよね。

 

今回はそんな今村雅弘復興大臣は結婚して妻や子供など家族がいるのかを紹介していきたいと思います。

また大学や高校、そして経歴なども紹介していくので最後まで楽しんで下さい。

今村雅弘復興大臣の経歴や大学など学歴を紹介!

生年月日 1947年1月7日

年齢   70歳

出身   佐賀県

佐賀県出身の今村雅弘復興大臣は元々は国鉄で働かれていました。その後1990年代に入って衆議院議員になり、現在では当選7回もされている国会議員さんなんです。

私なんかは政治に全くうとくて、テレビに出演されるような国会議員しかよく知りませんでした…。今村雅弘さん、今回の騒動で初めて知りました。

だって衆議院議員だけで475人もおられるんですよ。なかなかすべての人を知ることはできませんが、私の知らないところで大変な仕事をしてくださっているのはありがたい限りです。

 

そんな今村雅弘復興大臣の出身高校は佐賀県立鹿島高校。そして大学は東京大学を卒業されているんですよ。しかも法学部!

やっぱり大臣までされる人の学歴というのは本当にすごいものがありますよね!

大臣が激怒した?

今回私が今村雅弘復興大臣を知ったきっかけというのが、定例会見での激怒です。

たまたまニュースを見ていたら、復興大臣がめちゃくちゃ怒っておられるじゃないですか?

それまであまり今村雅弘復興大臣がテレビに出演されることも見たことがなかったので、なおさら誰が怒っているのかと興味を持ってしまいました。

始めの方はフリージャーナリスト質問に普通に答えられていたように思えたのですが、徐々に今村雅弘復興大臣が怒っているのが分かってきます。

 

「帰れないとかの実情を大臣自身がご存知ないからでは…人のせいにするのは…」という質問で怒りがマックスになったようですね。

その後、記者会見は終わり退出されていきました。

議員さんの怒っている姿はよく見かけますが、ここまで大激怒しているのはなかなかないです。しかも大臣さんなので、たいていは変な質問をされてもうまいことかわされるのでしょうが…。

スポンサードリンク

結婚して妻や子供など家族いるの?

すでに70歳を迎えられている今村雅弘復興大臣。

本当に政治家の人ってお元気ですよね~。

 

ところで今村雅弘復興大臣って結婚して妻や子供など家族がいるのでしょうか?

私も気になって調べてみたところ、あまりそういった情報がないのですが、以前ラジオ出演されたときにお孫さんと遊んでいるという事を話されていました。

今は、ほとんど空き時間は無いですね。だから孫と一緒に時間を過ごしたり、そこで好きなゴルフをやれないから・・・。だってやる気持ちにならないですよ、被災地のことを思うとね。
引用元:http://www.tbsradio.jp/130299

なので独身という事はなさそうです。お孫さんがおられるという事は、妻や子供さんもおられるという事なのでしょう。

この年齢でお孫さんと遊べるなんて本当にうらやましいです。仕事は忙しそうですが、家族もおられるようですね。

エヴァンゲリオンのネクタイが最高!

会見を見た人ならわかると思いますが、お歳のわりにはネクタイがかっこいいことに気づきませんでしたか?

私も一瞬おっと思いましたよ。だってネクタイにアニメが描かれているんですもん。

こんな国会議員見たことがありません!というか、今村雅弘復興大臣おしゃれすぎですよ!

 

 

エヴァンゲリオンファンの人にとってはかなりうれしいことではないでしょうか?

ワンポイントなことですが、こういうことで若い人も政治に興味を持つかもしれませんね。

 

今村復興大臣ってアニオタなのかな?なんてひそかに期待してしまいましたが、ネクタイを付けている理由というのが、作っている会社が福島にあるからみたいですよ。福島の企業を応援するためにつけられているみたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は今村雅弘復興大臣に迫ってみました!

 

激怒されたという事でニュースになってしまいましたが、なにかしら原因はあったのでしょう。

普通に考えたら毎日のように記者からああいった質問は受けているのだと思います。何か虫の居所が悪かったのでしょうか…。

 

ただ政治家は有権者から見られている仕事でもあるので、こういう事でニュースになるのはちょっともったいないですね。

今日もありがとうございました。おおきに!

スポンサードリンク



おすすめの関連記事

 - 文化