NETALSTATION

読書芸人大賞2016(アメトーク)の受賞作品の本のタイトルを紹介!

   

160129cbb20bab6227f01dcb65fb696c_s

スポンサードリンク

11月10日のアメトークは「本屋で…読書芸人」で盛り上がりましたね!

又吉さん、光浦さん、若林さん、カズレーザーさんそれぞれが本を持ち寄り話をされる様子は本好きにはたまらない光景です。

そんなアメトークで「読書芸人大賞2016」が発表されました。

今回は読書芸人大賞2016に選ばれた本のタイトルを紹介していきますね。

 

読書芸人大賞2016ノミネート作品

ピース又吉のノミネート作品

又吉さん今読んでもらいたといノミネートされたのが

尾崎世界観さんの「祐介」

西加奈子さんの「まく子」

ピース又吉さんおススメの本をアマゾンでチェック!

オアシズ光浦のノミネート作品

光浦さんが読んでもらいたいとすすめられていたのが

木下古栗さんの「グローバライズ」

天久聖一さんの「挫折を経て、猫は丸くなった。」

 

オードリー若林のノミネート作品

若林さんおススメ作品は

平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」

今村夏子さんの「あひる」

 

メイプル超合金カズレーザーのノミネート作品

カズレーザーさんが紹介されていたのが、

平山夢明さんの「ヤギより上、猿より下」

若竹七海さんの「しずかな炎天」

スポンサードリンク

まとめ

sh

毎回、アメトークの読書芸人を見るたびに本が読みたくなってきます。

雨上がりのお二人がその場で本を買いたくなる気持ちがものすごくわかりますよ。

私ももしあの場にいたら絶対に数冊は買っているはずです。
今回は読書芸人大賞2016にノミネートされた作品を紹介しましたが、結果的にはすべて受賞です!

それだけ紹介された芸人さんたちの思いが詰まっているという事なんでしょう。

私も本は読みますが、そこまで深く知っているわけではありません。

こうやって番組の最後に紹介してもらえると、やっぱり買おうかなという気分になりますし、芸人さんが進めるならどんな作品なのかなっていう疑問がすごく湧いてきます。

でも読書好きの芸人さんたちがおススメする本なので間違いはないでしょう!

 

こういうところから本の世界にはまっていく人は大勢いると思いますし、裾野は広がっていくはずです。

そういう意味ではこの「読書芸人」というのは本の世界ではかなり貢献されていると私は思います。
もしかすると本屋大賞などよりも「読書芸人大賞」の方が今後影響力が出てくるなんてこともあり得るかもしれませんね。

それくらいテレビの影響力は強いし、タレントさんのおススメはやっぱり読んでみたいです。

これからもアメトークでは読書芸人を続けていってもらいたいですね!

スポンサードリンク

 - お笑い芸人