NETALSTATION

有馬嘉男(NHKキャスター)経歴や大学!年収や父と出演番組も紹介!

      2016/08/04

11e552403ef8b2d75d88b77f5385a670_s

スポンサードリンク

4月4日からNHK夜の11時の顔になるのがキャスターの有馬嘉男(ありまよしお)さん。

記者としても活躍してこられた有馬嘉男さんがNHKの顔になります。

さて彼はどのような経歴をたどってこられたのでしょうか?

今回はそんな有馬嘉男さんににスポットを当てて見たいと思います。

有馬嘉男のプロフィール(経歴)や大学

有馬嘉男さんは26年前の平成2年にNHKに入社されています。

NHK内での経歴がすごくて、記者を経て海外でのNHKの支局長になっておられます。

ドイツのフランクフルトやシンガポールなど海外経験だけでも相当なものです。

そして気になる出身大学ですが、京都大学を出ておられます。

京都大学を出て、NHKでも世界を駆け巡っている姿はかっこいいですよね。

実際の有馬嘉男さんもダンディーな男前ですよ。

有馬嘉男の年収は?

ちょっと気になるのが他人の年収ですが、有馬嘉男さんはいったいどれくらいの年収があるのでしょうか?

NHKでは職員の給料や年俸がある程度開示されています。

大体、大卒30歳の年収は550万円くらい。

しかし管理職などになってくると給料体系が年俸制になってきます。

大卒モデル年収では、30歳で547万円、35歳で685万円(27年度)です。
管理職については年俸制となっており、27年度の基本年俸は、954.4万円(D1(課長クラス))、1,230.4万円(D5(部長クラス))、1,491万円(D8(局長クラス))などとなっています。

有馬嘉男さんは海外で支局長を経験された逸材です。

しかもこれからNHKの顔となる人なので、年収で1400万以上はもらっていてもおかしくはないでしょう。

有馬嘉男さんがもし民放のキャスターならもっともらえていたかもしれませんが…。

有馬嘉男の父って?

有馬嘉男さんのお父さんは実は有名なお坊さんでありました。

有馬実成(ありまじつじょう)という方で曹洞宗の僧侶としてがんばりながらボランティア活動などをされていたのです。

またNGO活動も積極にされていて「NGO JANIC」の創設にも尽力されました。

現在はNGOやNPOなどの活動はいたるところで見ることが出来ますが、有馬実成さんは何十年も前からこういった活動をされてきました。

64歳で亡くなられはしましたが、その後のボランティア活動に与えた影響は非常に大きいです。

スポンサードリンク

有馬嘉男の出演番組

2016年4月から始まる「ニュースチェック11」にキャスターとして有馬嘉男さんは出演が決定していますが、他にもNHKでは番組を持っておられました。

その代表がBSの国際報道です。タイトルは国際報道2014、2015、2016と毎年変わっていますが、平日夜10時から始まる番組でBSながらファンも多い番組です。

海外のニュースが分かりやすいと私の回りでも見ている人は多いですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はNHKキャスターの有馬嘉男さんを紹介しました。

4月からは地上波で有馬嘉男をたくさん見ることになります。

きっとお茶の間でも受け入れられるのではないでしょうか?あのダンディーさを見ればファンになる人も多いでしょう。

私も番組開始まで放送が始まるのを楽しみにしています。

テレビ界の巨人が亡くなられました。

関連記事:浅野寿々子(順子)は大橋巨泉の嫁!家族や子供と経歴を紹介!

今日もありがとうございました。

小野文恵NHKアナウンサーの経歴や大学が気になる!結婚や離婚も

森川夕貴アナウンサーのプロフィール!大学や高校と年収を紹介!

藤井弘輝アナウンサーのプロフィール!大学や高校と父を紹介!

 

スポンサードリンク

 - アナウンサー